南区郡 K・U邸

商売の為の家づくりではないという事を、感じ取れる所に感じ入ります。

 

家を建てようと考えて、何から行動したか
少しでも、住環境の良い立地を探したことです。 特に交通災害に巻き込まれにくく、地盤状況が軟弱地盤で無いことと生活のし易さとのバランスのとれた土地を探しました。
潮建設工業(株)を知ったきっかけ
私自身も建設業に携わっており、以前、OMソーラーの施設建築を手がけたことがあります(1994年)。 その時にすでに潮建設工業様は、OMソーラーを手がけられており、偶然見学会に参加させていただいたところが、知り合った出発点です。
潮のモデルハウスや見学会で印象に残った建物
どんぐりの家です、この作品は小さくても住み心地のいい、「日本の木の家コンテスト」最優秀賞に輝いています。(建物の形状・間取りレイアウト・風の流れ・開放感・木のサッシなど)。
潮の勉強会や座談会、その他のイベントに参加した感想
建物の仕様など、良いこと・悪いことを率直に説明されていると思います。(まずいことも、お話されるところがいいです)
潮を選んだ一番の決め手
OMソーラーに取り組まれた実績と社長さんの技術者の信念(お客様に良いものを提供するという考え)熱き思いに共感する部分があることです。(商売のための家造りではないという事を感じとれる所に感じ入ります)。
一番のお気に入りの場所(居心地のいい所)
空気の質が違います。 またシミュレーションノートによって目に見えないものを数値化し「見える化」してデザインされている等、年間を通じてのお湯とのれ具合、その土地の気象状況、それらを考慮して設計されているところ、生活動線が、簡素にまとめられている点、各部屋全体の開放感等、非常に気に入ってます。
子供達の反応や生活の変化
子供達は、隠れ家的要素があり喜んでいます。(間取りが平面的でなく立体空間としてデザインされていること、自然をよく観察するようになりました)