総社市岡谷 Y・D邸

冬、家の中が暖かいので、うっかり薄着で外に出て寒くてびっくり!!ということが・・・

 

家を建てようと考えて、何から行動したか
情報収集です。あらゆるメディアから素材や間取り・インテリア・システム・雰囲気など…夫婦でそれぞれ情報収集し、スクラップブックを作ってイメージを固めていきました。
潮を知ったきっかけ
「建てる倶楽部」のHPで見学会の情報を見て、OMソーラーにも興味があったので。
潮のモデルハウスや見学会で印象に残った建物
初めて行った城東台のモデルハウスです。他社の見学会での事務的な感じとは違って、知り合いのおうちにお邪魔したかのようなアットホームさに驚きました。じんわり暖かいOMの心地よさと、リビングからの絶景が印象に残っています。
潮の勉強会や座談会、その他のイベントに参加した感想
家を建てる前は参加していませんが、建てて数年後、ワークショップに参加させて頂きました。他の住まい手の方とも交流が持て、楽しい時間を過ごすことが出来、家を建てたらハイ、それまで。ではなく、まるで親戚のようなお付き合いが出来るのは潮建設さんならではだと思います。
潮を選んだ一番の決め手
(ご主人)OMソーラーはもちろんですが、自分なりに調べてこの素材を家に使いたいと思っていたものが、潮建設さんの標準装備にドンピシャだったことです。
(奥さま)社長ご夫妻の一生懸命さ、温かさです。結婚して県外から岡山に来て、夫以外に頼る人のいなかった私には、気さくに話ししてくださり、色々と気にかけてくださった奥様と、誠実な社長に託してみよう。という気持ちになりました。その後、我が家の見学会に来られて潮建設さんで家を建てられた方の奥さん(県外出身者で、同い年、子供も3人共年が近い)と私が気が合いそう!と奥様が引き合わせてくれて、今でも親しくお付き合いさせて頂いています。こんなこと、普通のハウスメーカーではなかなかないことだと思います。
設計が始まってから、打ち合わせや建築工事中、スタッフの印象や気付いた点
事務所の打合せでは、奥様が子供たちの相手をしてくださり、打合せに集中することが出来、とても助かりました。現場での打合せででは、遠方に住んでいたこともあり、妥協することもありました。現場の人に気を遣ってしまって言えなかったので、ちょっと後悔しています。
建物の完成後、実際に住んでみて気づいた点
冬、家の中が暖かいので、うっかり薄着で外に出て寒くてびっくり!ということがよくあります。冬のよく晴れた日には、日中暖房器具は必要なく、夜でも補助暖房なしで18℃を切らないことに驚きです!太陽さまさまで生活させてもらっています。
一番のお気に入りの場所
(ご主人)2階の寝室です。高い勾配天井のデッドスペースに自分でロフトを作ったり、棚をつけたりして、どんどんカスタマイズして楽しんでいます。
(奥さま)1階の和室です。一番日当たりが良くて、和室からリビング、吹き抜け、飾り棚越のキッチンをボーッと眺める時間が好きです。
子供達の反応や生活の変化
休日は、お父さんが壁に棚をつけたり、デッキにペンキを塗るのを子供達が眺め、家族で床に自然塗料を塗ったり、庭作りをしたり、少しずつ手をかけ、変化してゆく家を楽しんでいます。