総社市真壁 T・M邸

家の中には冬が無い。夏の午前中は窓を開けない方が涼しい。

 

家を建てようと考えて、何から行動したか
完成見学会巡りです。 インターネットや新聞の折込広告で見つけた見学会に、数打ちゃ当たるで毎週出かけました。 その中で潮さんに当たりました。
潮を知ったきっかけ
完成見学会の新聞広告です。 気になっていた他の工務店の完成見学会が同じ日にあり、おまけに行ってみたのがきっかけです。
潮のモデルハウスや見学会で印象に残った建物
完成見学会で初めて拝見した総社岡谷のどんぐりの家です。 その後、城東台のモデルハウスを見て、ここで建てようと思いました。
潮の勉強会や座談会、その他のイベントに参加した感想
イベントに参加する間もなく、契約~今に至るので分かりません。
潮を選んだ一番の決め手
自由度が高く、遊び心のある設計と、空気の流れをデザイン設計、自然素材などの全てに一環した潮さん(社長?)の方針が我が家にはドンピシャでした。
設計が始まってから、打ち合わせや建築工事中、スタッフの印象や気付いた点
社長や奥さんと話すにつれ、家(=生活)に対する考え方が、我が家の考え方と非常に近くて、潮さんにして良かったと思いました。 スタッフは皆さん親切で、一歩進んで二歩下がる優柔不断な我が家(私)によく付き合って下さいました。
建物の完成後、実際に住んでみて気づいた点
設計図面と打ち合わせの会話だけでは、意思疎通・イメージが出来ないことがやっぱりあって、建設途中の現物確認で、大きく手直しして頂いた部分もありました。そのおかげで期待通りに、想い描いていた家になりました。 唯一の失敗は、コンセントが2箇所ほど足りなかったこと、充分イメージして依頼したつもりでも、やっぱり足りないものってあるものです。
実際に暮らしてみた感想
住む前はOMは床暖房程度にしか思ってなかったけど、これは床も含めた家全体の環境管理の一部なんですね。 OM+充分な断熱+α(それ以上は専門知識なし)で、快適なんだと思います。床暖房を期待すると、思いのほか床が熱くなくて期待外れかも知れません。冬でも床が冷たくなく、春の床温度で、床から家全体が暖かい、家の中には冬が無いというのが実感です。 夏の午前中は、涼風取入れのおかげで窓を開けない方が涼しいのはちょっと感激でした。
一番のお気に入りの場所
今は子供が小さいので、家全体が子供の遊び場になるように作り、その通りになったので、今は家全体がお気に入りの場所。 家族の成長・変化とともに家も変化させていくつもりで建てたので、その時々でお気に入りのスポットが出来ていく予定です。
子供達の反応や生活の変化
気温・天候の変化に敏感になりました。冬に曇りの日が続くと補助暖房で灯油が燃えることにやきもきし、夏は給湯用の灯油が全然減らないことにほくそ笑んでいます。今年の冬は稀に見る寒さだったので、やきもきしっぱなしでしたが・・・。年間ランニングコストは増えていません。 子供たちは、上でも下でもロフト(秘密基地)でもおもちゃを撒き散らかし、庭で泥だらけになり、楽しくやっています。 私(夫)は菜園スペースでの野菜づくりと、日曜大工、永遠に未完の外溝DIYを楽しんでいます。 私(妻)は、住まいが大きくなったので、掃除に時間がかかるようになったことがちょっと大変です。 一年中素足で生活するようになり、砂ぼこりに敏感になりました。 冬は家中がほんわか快適温度で、キッチンに立ちながら家族の顔を見てコミュニケーションがとれるのは最高です。