岡山市北区三手 W・N邸

いつも「寒い寒い」と言っている寒がりなおばあちゃんが、「この家はぬくいな~」って。

 

家を建てようと考えて、何から行動したか
大手ハウスメーカーの展示場に行きつつ、いろいろな建築関係の本を読み、自分たちがどのような家を建てたいのかを見出そうと考えました。
潮を知ったきっかけ
母が持っていた住宅雑誌の、住まい手の顔写真付きで掲載されていた「愉快な家」を見て、この家の住まい手さん夫婦に会って話してみたいと思った。(OMソーラーは少しだけ知っていた)
潮のモデルハウスや見学会で印象に残った建物
「愉快な家」は行き止まりがなく、家中回れるのが楽しい、建てる時は我が家も是非!と思った。 「どんぐりの家」は階段室踊り場下の土間収納や踊り場の空間がとても気に入りました。その他、無垢の木やそとん壁、月桃紙など自然素材。家事コーナーの動線に無駄がなく、とても便利。
潮の勉強会や座談会、その他のイベントに参加した感想
OM座談会には是非参加したかったのですが、都合つかず、残念に思います。次回は住まい手として、光熱費のデーターを持って是非参加したいと思ってます。
潮を選んだ一番の決め手
自分たちが使いたいと思っていた資材を使っていた。(無垢材、食物系断熱材、そとん壁、その他自然素材) 「住まい手さんご夫婦と話がしたい」と思って見学に行ったら、住まい手さんは社長ご夫婦で、お話を伺うほどに私たちの求める家はこれだ!と思った。奥さんが、住まい手の立場で、社長に問いかけて社長が説明してくれるのがとても助かったし、面白かった。これからも奥さんにはそれを続けてほしいと思う。社長は他社の悪口を言わない、何でも本音で話してくださるし、社長夫婦は自ら展示場に住まわれての、ありのままの話が全て理解できました、初めてお会いした日に社長ご夫婦のファンになりました。
設計が始まってから、打ち合わせや建築工事中、スタッフの印象や気付いた点
打ち合わせ中、専門用語が理解しにくい様子を感じとって「今の話理解できますか・・・?」と尋ねて下さったり、奥様が同席して私達の立場になって、打ち合わせに加わっていただいたことが、とても助かりました。 スタッフ全員が話しやすい雰囲気でよかった、そして良くしてくださいました。
建物の完成後、実際に住んでみて気づいた点
コンセントの位置をもう少し考えた方が良かった・・・。 来客で大勢が集まっても、回れる動線なので、ぶつからずに思う所に行くことができる。家事の動線もとても便利。あちこち見学に行って体感した新築特有の匂いが全くしない。 キッチンに立った時、一直線に和室や玄関の方まで全部見渡せるのでとても便利。
実際に暮らしてみた感想
とても快適です。
一番のお気に入りの場所
和室が高いので、ダイニングテーブルを和室側に寄せて、座卓と突き合わせて、畳に座る子供達も交えて大勢で食卓を囲むことができる。階段室踊り場で主人はパソコン、私は仕事の勉強をしたりで、書斎になったり、セカンドリビングになったり・・・です。
子供達の反応や生活の変化
コーポの時、休日はどこかへ出かけていました、特に夏はエアコンが効かないぐらい暑くて・・・。 今は、夏は涼しく、冬は暖かく、家中が快適になったので、家に居たいと思うようになりました。 母屋に住む80代のおばあちゃんは、何時もいつも「寒い寒い」と言っていますが、我が家に来ると和室に腰かけて柱にもたれながらこの家は「ぬくいな~」といつも言う、そして私達が真冬に薄着でいるので、びっくりしている。