東区古都宿 E・H邸

夜の授乳やお風呂が寒くない、大きな違いを感じます。住み心地が良いと人生というか、生き方まで変わります。最高の家です。

 

家を建てようと考えて、何から行動したか
(ご主人) 新聞の折り込みチラシをチェックしたり、展示場を見学しました。
(奥さま) いろいろな工務店や住宅メーカーのチラシのチェック。いくらか展示場もまわりました。
潮を知ったきっかけ
(ご主人) 折込チラシだったと思います。
(奥さま) 新聞の折込チラシ。パッと見た時に、描いていたイメージとすごく重なって印象深かったのを憶えています。
潮のモデルハウスや見学会で印象に残った建物
(ご主人) 玉野(郡)にあった展示場です。現在建てている家のベースにもなっています。
(奥さま) どの見学会に行っても「いいなぁ」と思える建物でした。ハズレがない、という感じ。
潮の勉強会や座談会、その他のイベントに参加した感想
(ご主人) 冬に宿泊体験をさせてもらいました。浴室(お風呂)から出たときに寒さを感じず、快適だったのを憶えています。
(奥さま) 郡の展示場の宿泊体験(冬)が良かったです。とても寒い時期に実家の母も含めて泊まったので、実際の暖かさや居心地の良さがよくわかりました。
潮を選んだ一番の決め手
(ご主人) 木の温もりのある建物。スペースのある中2階。自然の香りを感じる家だったことです。
(奥さま) 一番は、自分が求めていたイメージそのままの建物だったこと。あとは、社長さんや奥さんの気さくな人柄。
設計が始まってから、打ち合わせや建築工事中、スタッフの印象や気付いた点
(ご主人) こちらの要望をよく聞いてくださり、ありがとうございました。
(奥さま) こちらの要望をよく汲み取って設計に反映してくれ、質問にも納得いくまで説明してくださり、良かったです。
建物の完成後、実際に住んでみて気づいた点
(ご主人) 浴室の脱衣所は、バンブーでもよかったかなと思いました。(床)あと、床のメンテナンスのことが少し心配です。
(奥さま) 要望を詰め込んだため、お金はかなりかかりましたが、これ以上ない位快適な家です。家の住み心地が良いと、人生というか生き方が変わると思います。私達にとって、本当に最高の家です。
実際に暮らしてみた感想
(ご主人)冬暖かく、夏は涼しく、クーラーを利用する機会も減りました。
(奥さま) とにかく冬は暖かい。普通の家とは全然違います。夏は、風がよく入ってきます。裸足が心地よい、「木の家」です。
一番のお気に入りの場所
(ご主人) 書斎(あまり利用していないのですが)と台所は、いろんなところを見渡せるので気に入っています。
(奥さま) 庭の花や外の緑(山)が見えるリビング。あとは、広めに作ったトイレ(木のナチュラルな雰囲気たっぷり)
子供達の反応や生活の変化
(ご主人) どこかへ出かけようとあせらず、ゆっくり家で過ごす機会が増えました。
(奥さま) 家でのんびり過ごすことが増えた。庭で野菜を作ったり、花を植えたり、友達を呼んだり。わんぱくな子供達ものびのびしています。梅雨時や冬の室内干しの洗濯物が、夜には乾いています。 コーポ生まれの長男は、夜の授乳やお風呂上りが寒くて大変でしたが、OMの家で産まれた次男の夜の授乳もお風呂上りも寒くなくって楽でした。