倉敷市茶屋町  T・K邸

冬を越してみると、OMソーラー機能の絶大な効果を感じますね。

 

家を建てようと考えて、何から行動したか
モデルハウス、住宅展示場を見て回ったり、住宅情報誌も参考にした。 すむ土地や広さもある程度希望があったので、自分たちで情報を仕入れるようにした
潮を知ったきっかけ
親類がOMソーラーハウスに住んでいて、OMは知っていた。 新聞の折込広告で、OMを使った家で潮建設が掲載されていたので、興味を持った。
潮のモデルハウスや見学会で印象に残った建物
社長の家とどんぐりの家。 木のぬくもりを感じ、断熱材・壁紙等もこだわり、余計なものを使っていない所が印象的だった。
潮の勉強会や座談会、その他のイベントに参加した感想
年間ランニングコストや設計方法、そして実際に住んでいる方の声から、四季それぞれの住まいの工夫について聞き、これから家を建てるにあたって参考になった。
潮を選んだ一番の決め手
雰囲気が、懐かしく古い感じと、和風がマッチしていた。 自然素材を使用し、化学物質を使用せず、人にも環境にも優しい家づくりをされていると思った。
設計が始まってから、打ち合わせや建築工事中、スタッフの印象や気付いた点
建築に携わった大工さんとはあまり交流がとれず、少し残念に思っていますが、会社の方には幾度となく足を運び、また現場で実際見ながら打ち合わせをしたり、話を聞かせていただき、また、無理難題も真剣に聞いて下さり感謝しています。
建物の完成後、実際に住んでみて気づいた点
設計よりも家は狭く感じるが、住んでみると調度良いと思った。 OMの機能は、冬を越してみると、絶大な効果を感じた。
実際に暮らしてみた感想
前の住まいでは暖房器具を数種類使って寒さをしのいでいましたが、新居ではOMだけで十分暖かく、冬でも靴下を履かず素足で 過ごしています。結露は一度も発生していません。
一番のお気に入りの場所
居間。ゆっくりくつろげる、広く感じる空間である。
子供達の反応や生活の変化
子供は走り回り、おもちゃを自由に広げて、冬は寒くないので帰るとすぐにくつ下を脱いで動き回っている。 以前は窮屈に感じていたが、子供の気配を感じながらすごせている。