小さく建てて、大きく(広く)使うを設計理念に、さらに木造ドミノ住宅工法を採用!
岡山市中区中島・ED邸(ドミノキューブ:610P+203P)

延床面積:101.0m2  施工面積:133.48m2

スケルトン(構造)とインフィル(内装・設備)を分けて考えることができ、より広々一室空間の実現が可能になりました。
二階の吹き抜けに面するフリースペースは、家族の為のセカンドリビング。

産直無垢材 木質断熱材 自然素材 OMソーラー 木造ドミノ ロフト

子育て世代