Q&A(自然素材)

セルローズファイバーって何?シラス壁や漆喰は何がいいの?耐用年数やメンテナンスは?
気になる部分を一気に解決!

 

  • セルロースファイバーは他の断熱材と比べてどういいのですか?
  • セルロースファイバーは空気で断熱材を運ぶ吹込み工法なので、小さな隙間もむらなく均一に施工が出来、優れた断熱性能と効果的な防音処方として高い評価を受けています。
    また、木質繊維のセルロースファイバーは、周囲の状態に応じて水分を吸ったり吐いたりして、この吸放湿性が適度な湿度をもたらして結露を防ぎます。
    外壁と屋根裏の壁体内湿度の低い方へ常に移動します。

 

  • 白洲はなぜいいのですか?
  • 「シラス」は火山灰。地下マグマの3,000度もの熱で生成された純天然セラミック物質で、無尽蔵に近い状態で山ごと存在してます。
    シラス粒子は無数の空洞がある構造で、軽く建築物に負担をかけず、モルタル壁とは比較にならないほどの通気性を持ち、建物の湿気を吸って外に吐き出します。
    しかも、粒子同士の結びつきが強い為に丈夫で、ひび割れなどがおこりにくい特徴を持っています。
    調湿効果に優れた素材で、セルローズファイバー(断熱材)との相乗効果で特に威力を発揮します。

 

  • 潮の家は木の香りがします。他メーカーの展示場では見られないのはなぜ?
  • 梁も壁も床も、木材の露出が他社の建物に比べ多いからです。

 

  • 床の肌触りの良さが他社のモデルハウスと違う気がしますが?
  • 広葉樹と針葉樹では針葉樹の方が表面温度が3度高いと言われています。
    潮の家は「海部杉(針葉樹)」ですので、冬場でもぬくもりを感じる肌触りになっています。

 

  • ホタテ漆喰は何がいいのですか?
  • 古くからお城などにも使われている日本の伝統「漆喰」。
    ホタテ貝の粉末を利用することで、環境に優しく、コストダウンにもなります。
    脱臭効果に優れているので、リビングで焼き肉をしても翌朝にはニオイが取れています。