Q&A(OMソーラー)

OMソーラーシステムって何?一般的なソーラーシステムと何が違うの?音は?コストは?
気になる部分を一気に解決!

 

  • 一般的な(シャープとか京セラが作ってるような)「ソーラー」と呼ばれるものとは根本的に違うのでしょうか?それとも、同じようなものでソフトな感じのものですか?
  • 根本的に違います。OMソーラーは発電パネルではありません。屋根材(金属製)の下で空気を暖めます。
    太陽エネルギーを利用するソーラーシステムのうち、集熱器のような特別な装置で太陽熱を利用したり、電力に変換したりするのがアクティブソーラー。
    これに対し、建築的な方法や工夫によって太陽の熱を有効利用する方法をパッシブソーラーといいます。
    OMは、パッシブソーラー。
    パッシブの基本は、「熱や力を自然のまま利用し、しかも汚れを生まない」こと。
    自然のチカラをできる限り活かして気持ちのいい家をつくろう、というのがOMの考え方です。

 

  • 部屋の中に暖かい風を送ったり、あくまで冷暖房の代わりをしてくれるのがメインですか?
  • はい、その通りです。
    冬は外気を屋根で暖めて床下を通って室内に送り込みます。
    夏は夜間の放射冷却で冷えた涼風を取り入れます。

 

  • お風呂(お湯)も沸かせると書いてありましたが、ゼロエネルギーとまではいかなくても、かなりの電気がまかなえるものなのでしょうか?
  • 電気をまかなうのとは違うのですが、暖房を必要としない時期は暖められた空気は部屋を通らず外部へ放出します。
    その時に熱交換をしてお湯を作る為の循環液を暖めます。
    個人差がありますが、室温設定湿度が満たされれば年中お湯取りも可能です。

 

  • 沸かしたお湯はタンクに貯めるのですよね?タンクはどこに置くのですか?
  • 正確には「沸かした」お湯を貯めるのではなく、外部に貯湯槽(340L)を設置して、そこで暖められた循環液によって「お湯が作られる」訳です。

 

  • 冬などOMソーラーのお湯だけで足りない場合は、他の給湯システムを利用するのだと思いますが、どのシステム(電気・ガス・ボイラー)でも利用可能ですか?
  • 可能です。ただし、電気給湯器はシステム的に不経済なのでおすすめしません。通常、灯油またはガス給湯器をおすすめしています。
    貯えられた湯温は、常に室内で温度計に表示されていますので、使用目的によってそのままの温度か、加温するか使い分けて下さい。

 

  • 少し古いですが、セントラルヒーティングみたいなお家に行くと、『ゴー・・・』とか『ボー・・・』とかいう音が天井からしたりします。
    音はしますか?静かだけどしない事はないという感じ?それとも一切しないとか?
    (ファンで空気を循環させているそうですが、ファンの音はうるさくないですか?深夜など、室内が静かな時間に気になりませんか?)
  • 気にならないと思います。基本的にOMソーラーは午前9:30~午後5:00に動きます。(補助的暖房運転と夏の夜間外気取り込みは別)
    音は換気扇の音ぐらいですが、小屋裏にシロッコファンを設置しますので、音は気になりません。

 

  • OMソーラーって、もう建ててしまったお家にも付けれますか?
  • 可能です。直接室内に温風を取り入れるか、床下に蓄熱するか、いずれかの方法が選択できます。

 

  • このシステムを動かすのは電気?ソーラーシステムで電気を作って動くのですか?それで、ファンを回して空気を循環させるのでしょうか?
  • OMソーラーのファンを動かすには2つのタイプがあります。
    一般的な家庭電源とソーラー発電パネルを使用する方法があります。

 

  • ランニングコストはどのくらいかかりますか?
  • 1ヶ月当り、約2,000円(電気代)程度です。

 

  • 集熱パネルの下には屋根(瓦とか)があるんですか?
  • いいえ、ありません。集熱パネルは屋根材そのものです。
    瓦屋根の場合は、集熱部分だけ金属製屋根材にします。この場合、屋根材の上に強化ガラスを重ねて使用します。

 

  • 年数が経った時、葺き替えとかは難しくないのですか?
  • OMの部分だけ葺き替える必要はありません。屋根材の耐用年数以上、使用可能です。

 

  • ダクト内に入り込んだホコリや虫は、どうなるのですか?
  • 外気の取り入れ口はステンレスのメッシュがあり、通常は虫が入りにくくなっています。
    気になる方は小屋裏にハンドリングBOX(空気を送るシステム)があり、そこにフィルターを設けて、そこで掃除するか、もうひとつは床下の空気出口のカバーをはずして掃除機のノズルを差し入れて掃除することになります。
    (空気の床吹き出し口は0.8m/秒位ですからほこりは吹き上げる程の勢いはありませんので、床下にたまります。)

 

  • 空気循環の途中で虫や花粉が入り込んで、それが室内に入ったりしませんか?
  • 入りません。
    花粉については一般の家と特に変りはありません。通常、人の出入りする玄関まわりから入る事が多いようです。(実測データあり)

 

  • 結露はしませんか?
  • 基本的にしません。
    結露とは、空気中の水蒸気が温度の低下によって水滴になること。
    気温が下がって空気中にいられなくなった水蒸気が窓ガラスや壁等で水滴となります。
    防止策としては家中の温度差を少なくすること、内装材は湿度調節をするものを使う、木部を表わしにする等が考えられます。
    OMソーラーは乾いた空気(湿度40%前後)を取り入れるので、湿度が低いため結露しません。
    逆に湿度が低いため普段の生活では、みなさん、洗濯物等を室内に干す、観葉植物を持ち込む、加湿機を使用する等の工夫をされています。

 

  • 年に何度か掃除したりするのですか?
  • 特に必要ありません。
    車の排気ガスの多いところ等、軒先の空気取り入れ口をチェックしていただいて、ホコリが付いていれば、除去する程度でいいと思います。

 

  • メンテナンスはどのくらいの頻度で必要ですか?
  • 特別なことはありませんので自分でできます。
    何か異状があればご連絡ください。

 

  • メンテナンスを依頼する費用はどのくらい必要ですか?
  • 基本的に検査(チェック)は無料です(3年間)。
    消耗品の交換や修理となった場合は有料になります。(例:不凍液交換 15,000円)

 

  • この仕様にしたら(モデルケースで)どの位高くなるのですか?また、どの位節約できるのですか?
  • OMソーラーシステム(暖房・補助暖房・給湯・換気)一式1,800,000円程度必要です。
    光熱費50~60%が省エネになります。

 

  • 追加の光熱費(冷暖房費)はどのくらいかかるのですか?
  • 一般家庭で50%前後OFFになります。

 

  • 集熱はどのくらいできるのか?(例:晴れ1日でどのくらいの湯が沸くか)
  • 夏の晴天では50~55℃のお湯が340L×2回分取れます。

 

  • OMソーラーの「OM」は、何の略ですか?
  • 「O」は、おもしろい、「M」は、もったいない(最近)。本来は、考案者奥村昭雄のイニシャルです。

 

  • 新築ならどんな家にも設置可能ですか?
  • どんな家でも屋根で集熱ができれば可能です。

 

  • 間取りの制限はありませんか?
  • 特にありませんが、間仕切りは少ないほうが理想です。

 

  • 冬あたたかいとカビが生えたりしませんか?
  • カビは高温プラス湿度が必要です。
    OMの家は結露の項でも説明した通り、湿度40%程度ですので、カビは生えません。